カンジダ症はHIVに関係するって本当なのか?

カンジダ症の正体は、カンジダ・アルビカンスという真菌ですが、通常は全く怖いものではなく、カラダに常在している菌です。

 

タイトルではちょっと怖い書き方をしましたので、カンジダ症(包皮炎含む)に悩まれている方は、“ドキッ”とされたかもしれません。

 

なので、早めに書きますが、普通のカンジダ症であればHIVと関与しませんので、安心してくださいね。

 

もしそんな簡単にHIVに感染するのであれば、女性は人生に1度は感染するとも言われるくらい身近なものなので、もっとメディアで報じられるはずです。

 

ただ、HIVとカンジダ症は関係が高いのも事実で、HIVに感染している方は、カンジダ症も発症していることが多いというのは事実です。

 

その原因は「免疫力の低下」だと言われています。

 

カンジダ症はカラダの免疫力が低下したことで発症するので、カラダが元気であれば特に気にする必要がありません。

 

ですが、HIVに感染し、カラダの免疫力が低下してくると、普段は何もしないカンジダ菌が暴れだし、そしてカンジダ症を発症します。

 

つまり、基本的には「免疫力が高ければ発症しない病気」なので、元気であれば特に心配する必要はない!ということです。

 

もし今カンジダ症を発症されている場合、カラダが疲れている、免疫力が低下していることがほとんどなので、病院や薬局などでカンジダ用のお薬をもらって、あとはカラダの免疫力を高めるために、栄養のある食事と睡眠をしっかりと取ってください。