男性のカンジダは自然に治りますか?

男性のカンジダ性亀頭包皮炎は自然に治すことができるのか

 

この悩み、実は一番多い疑問の1つなんですよね。

 

なので最初に結論を言います。

 

自然治癒はかなり難しいです。

 

カンジダが治りにくい理由

 

治りにくい理由は至極簡単です。
男性がカンジタ性亀頭包皮炎になる原因は仮性包茎(包茎)だからです。

 

ズル向けの人はほぼカンジダ性亀頭包皮炎になりません。

 

これはカンジタ(真菌)は蒸れた通気性の悪い場所を好むため、ズル向けの通気性のよいペニスでは増殖しないからです。

 

包茎の場合、常に露出されている状態ではないため、むしろ被っている時間が多いため、カリの部分が蒸れて菌が増殖してしまいます。

 

その結果、放置しているとどんどんひどくなっていきます。

 

つまり、カンジタ性包皮炎で悩まれている方は、包茎である可能性が非常に高いため、ペニスが常に乾燥した状態を維持することができないので、自然治癒することは非常に難しいです。

 

もし、簡単に自然治癒されるのであれば、これほどたくさんの方が悩まれるのはおかしいですからね。

 

病院に行くのに抵抗がある

 

男性のカンジタの場合、泌尿器科や皮膚科でペニスを出して医者に診てもらう必要があり、周りに看護師さんもいるからめちゃくちゃ恥ずかしいんですね。

 

病院

 

しかも、淋病などと違って激痛を感じる人は少ないので、病院に行くのに抵抗感がありますよね。

 

私も最初の頃は気楽に考えていたのですが、日に日に白いちんカスみたいなのがカリから亀頭の方へ広がり、包皮をめくるのに痛みが出始めたことで、初めて真剣に悩みました。

 

なので、深刻になるまではできれば自然に治したいという気持ちはとてもよく理解できます。

 

ただ、放置すればするほどどんどん治りが遅くなるので、早めの治療がとても大切です。

 

男性が病院で受診する場合、「泌尿器科」「皮膚科」「性病科」となります。

 

それでも自宅で治したい!

 

と言う方は、私が自宅でカンジダを治した方法を別ページにて紹介しているので、気になる方は参考にしてみてください。
⇒自宅でカンジダ性亀頭包皮炎を治した方法